スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Color
- 2006/06/03(Sat) -
学校が終わって暇な俺は池袋のサンシャインのビルの中。
メンズはあるがどう見たって女物がメインでしかないこの建物になんか用なのか?
特にないけどなぜが足が伸びる。
変わってるんだろうな。
ただの癖かも知れない。
池袋駅から歩いて、ハンズの隣のエスカレーターから地下に降りて途中のトヨタの展示ビルに入る、少し時間を潰してからサンシャインへ行く。
あるときから癖になってる。
消えない癖。
やなもんだ。
自分に纏わりつくいやな時間。
それでもやめられない。
ただの気休めなのに。
一人になりたい時は決まって人ごみにまみれる。
その方が周りの世界と自分を隔絶できる。
周りの人間が空気くらいにしか感じられなくて。
そこら辺の石ころと変わんない。
学校にいるときもそうだけど、学校は知り合いがいるから急に人ごみに引き戻される。
息苦しい空間に。
でも、そういう時は友達に呼び止められても気がつかないでそのままスルーするのが常でいつも後で文句を言われる。
なんで気がつかなかっただけで文句言われるんだ?
理解できない。
俺はただ単に一人でいる時は知らない人間と知ってる人間を判別できないだけなんだ。
ただそれだけ。
手が揺れてる人間。
口がパクパクしてる人間。
顔の向きがこっち向いてるだけの人間。
そこから感じるのは並木道の木の表情が違うのと大して変わらない。
葉っぱの色が違うだけ。
幹の硬さが違うだけ。
生えてる向きが違うだけ。
確かにそこに意味はあるけど、その存在以上の意味はあるのか?
俺はそこからさきは何も感じられない。
存在以上の存在意義を見つけられない。
ただそれだけ。
それが人間にも適応されてるだけだ。
髪の色が違うだけ。
皮膚の色が違うだけ。
生まれが違うだけ。
そこに意味はあるのか?
つまんない人間がつまらない尺度で作った物差しはそんなにたいしたものなのか?
それは人間の欺瞞だろう。
人間が作り出したものをすばらしく見せようとするそれ。
存在意義を見出すためだけに作り出されたそれ。
偽りに向かってるそれ。
美しさを際立たせるためのそれ。
綺麗なものをみせるためのものが、それの反対にあるもの存在を強くする。
強い光の下では影ははっきりと存在する。
ただひとはそれを見つめないだけ。
いいものがよく見える。
色眼鏡で見るからそう見えるだけ。
ほんとのいろはそれじゃない。
でも、ホントの色は絶対見えない。
人というそのものの存在が色を持ってるからしかたがない。
その色がなければ人はただのモノに成り下がる。
人が人でなくなるそれだけのことだ。
その色を個性と呼んだりアイデンティティと言ったりする。
大元は神経から得られる刺激。
そこから先の神経回路と本能と理性と呼ばれる範疇のこと。
同じ刺激が違う回路でここまで変わるのも面白いと思う。
同じ物質構成のものが違う量だけ分泌される。
そのことだけで色ができる。
世界中の芸術家は妬くだろう。
絵を描くための色を出すために試行錯誤する彼ら彼女らがやってることを神経回路はそれ一つでやってのける。
生命を作った存在はよっぽどの気違いかよっぽどの天才だ。
それともそんなことに関心がないか。
奴の芸術はここにあるのに。
スポンサーサイト
この記事のURL | ショート*2 | ▲ top
彼女の恋人
- 2006/03/04(Sat) -
出窓って好きだわ。腰掛けられて、中世の貴族みたいに優雅な一時。
「なに考えてるの?」
「ん~?なんも。」
「ふーん…」
よくわからない、ゆっくり流れるこの時間。
不思議な落ち着き。
「ねぇ?」
「ん?」
「ご飯何にしようか?」
「夏の定番、冷やし中華。」
外を見ながら答えた。
「いいね♪具は何入れようか~、オニオンスライスにレタスにモヤシのおしたしに~薄焼き卵も入れなきゃ。ん~後何かあったっけ??」
「俺の嫌いなトマトとハムか煮豚。トマトは俺の分も上げるよ。トマトって青臭いからだめなんだよね;」
「好き嫌いしてチャ、大きくなれないぞ~?」
「もういいの。上にも横にも成長しちゃったからさ。」
「上はいいけど横はなぁ~」
「なんかいったか?」
「なぁ~んもだよ~だ。買い物一緒に行こうよ。用意してくるから、そこから降りて出かけられるように着替えてね。そんな恰好で出たらおまわりさんに追い掛け回されちゃうぞ~」
「んまぁ、それは困った。猥褻物陳列罪に強制猥褻行為で手が後ろに回っては困るかもだわ;」
くだらない、ブラックジョークをはき捨てて転がってるジーンズをはきながらこけた…
「何してるの??」
「足攣った…痛いよ~…」
覗いてるって言おうと思ったけど、この状態じゃけられそうだからやめた;
「なに、かわいい声だしてんの…」
ちょっと困った笑みが心地よかった。
「今直すからちょいと待て;」
デニムをはき終わってから、指をそらして筋を伸ばす。
「あ、お前見えてるよ~、そんなに短いのはいてるから~」
「むー、ヘンタイ!!ばか!」
案の定蹴られそうになった。
「まだまだ早い!そんなけりでは俺は倒せんよw」
「ぶ~~!」
「ちなみに丸見えな。いい眺めだw」
「・・・」
あ、あきれた;
こんな、時間はいつまで続くのかな。俺が望めばずっと続くのかな。
今はちょっと怖い…
幸せすぎる。うまくいきすぎてる…やめた。
「あぁ;ごめん②;じゃあ、明日は俺がなんか作るからさ。」
「そんなんじゃご機嫌取れないよ~だ。」
あぁあ、いじけてるのもかわいいねぇ。
「じゃぁ、そんなかわいいいじけっこには、お手製のガトーショコラでもご馳走しちゃおっかな~、いやならいいんだけど?」
「え?」
あらら、ちょっと揺らいでます。
「じゃぁ、チョコチップ入りならいいよ?」
「OK。じゃぁそれの材料もかわなきゃだね。」
「だねぇ~」
となりからメロディーが流れる。
「それ何の曲?懐かしいけど。」
「ひみつ☆」
聞き覚えあるけどなぁ…
「財布持った?かばんおきっぱだけど。」
「ん?もったよ。抜かりはありません。」
鍵を開けながら答えた。カチャンって響いた鍵の音。
「じゃぁ、いくかい。」
「お~」
愉快なメロディーは吸い込まれた。
この記事のURL | ショート*2 | ▲ top
No Way
- 2006/02/13(Mon) -
周りにまとわりつくロードノイズ、爽快なエンジン音。NAのチューンエンジンの乾いた音が俺をいらだたせるノイズを相殺していた。
この音は本当にいい。やなことを忘れさせる。まるで麻薬だ。俺は車という麻薬をヤリながら一人旅をしていた。特に当てもない。ただなんとなく日本で行った事のないところに、ただ行きたかった。ただ走りたかった。
俺の住まいは東京で、急に思い立って茨城県大洗から北海道の苫小牧行きのフェリーに車ごと乗っていた。仕事は休みを取ったし、他に用があった友達も「北が俺を呼んでる」って言ったら二つ返事で「行って来い」って言った、こいつとの約束を反故して北を取った。俺は思い立った2時間後に海の上にいた。
しかし、こっちついて驚いたのは北海道には梅雨がない。雨がなく暑くもない。湿気もないで、こいつで走るには最高だった。文字通り俺とこいつは風になれた。派手に走れば目をつけれる、だが警察は簡単に撒くのはさほど難しくない。単に加速競争だったから。
こっちにきてから1週間がたって、そろそろ北海道にもなれてきた。ブラブラ流しながら少しずつ東へ流しながら気がつくと静内についてた。かなりのスローペースだろう。一週間でこれだけしか進んでないんだから。
事は静内に差し掛かった頃に起きた。俺の車はオープンカーで目立つ。そのせいだろ。別に車がすきでもなければ、ただうるさいだけで実用性の皆無な車。別に俺の車だからってわけでもないのかもしれない。だが、その日こいつは目をつけられた。変なねーちゃんがヒッチハイクをしてるんだが車を選んでた。たまたま信号で俺が捕まり、そこで幌全開の俺にを声かけてきやがった。
「私一人旅してるんだけど乗せてくれない??」
かなりスタイルはよかった。俗に言うモデル体系ってやつだ。妙にすらっとして気持ちわりぃ。
ちょうど不機嫌だった俺は思わず聞いたよ。
「なんで?」
みもふたもないくだらない質問。突っ込む余地のない全面の拒否。俺は一人になりたくてこっちにいるのになんで人をのせなきゃいけないんだ?
しかし、この女もよくわかんないやつだ、だから俺も乗せる気になったのかもしれない。
「風が吹いたから。」
ただ一言、こいつは俺に言い放ってまたすぐに
「風が呼んでたから」
「良いよ、乗んな。」
俺はこの一言で、もう乗せてた。特に理由はない。なんとなくこいつなら乗せて良いと思った。
この記事のURL | ショート*2 | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。