スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
No Way
- 2006/02/13(Mon) -
周りにまとわりつくロードノイズ、爽快なエンジン音。NAのチューンエンジンの乾いた音が俺をいらだたせるノイズを相殺していた。
この音は本当にいい。やなことを忘れさせる。まるで麻薬だ。俺は車という麻薬をヤリながら一人旅をしていた。特に当てもない。ただなんとなく日本で行った事のないところに、ただ行きたかった。ただ走りたかった。
俺の住まいは東京で、急に思い立って茨城県大洗から北海道の苫小牧行きのフェリーに車ごと乗っていた。仕事は休みを取ったし、他に用があった友達も「北が俺を呼んでる」って言ったら二つ返事で「行って来い」って言った、こいつとの約束を反故して北を取った。俺は思い立った2時間後に海の上にいた。
しかし、こっちついて驚いたのは北海道には梅雨がない。雨がなく暑くもない。湿気もないで、こいつで走るには最高だった。文字通り俺とこいつは風になれた。派手に走れば目をつけれる、だが警察は簡単に撒くのはさほど難しくない。単に加速競争だったから。
こっちにきてから1週間がたって、そろそろ北海道にもなれてきた。ブラブラ流しながら少しずつ東へ流しながら気がつくと静内についてた。かなりのスローペースだろう。一週間でこれだけしか進んでないんだから。
事は静内に差し掛かった頃に起きた。俺の車はオープンカーで目立つ。そのせいだろ。別に車がすきでもなければ、ただうるさいだけで実用性の皆無な車。別に俺の車だからってわけでもないのかもしれない。だが、その日こいつは目をつけられた。変なねーちゃんがヒッチハイクをしてるんだが車を選んでた。たまたま信号で俺が捕まり、そこで幌全開の俺にを声かけてきやがった。
「私一人旅してるんだけど乗せてくれない??」
かなりスタイルはよかった。俗に言うモデル体系ってやつだ。妙にすらっとして気持ちわりぃ。
ちょうど不機嫌だった俺は思わず聞いたよ。
「なんで?」
みもふたもないくだらない質問。突っ込む余地のない全面の拒否。俺は一人になりたくてこっちにいるのになんで人をのせなきゃいけないんだ?
しかし、この女もよくわかんないやつだ、だから俺も乗せる気になったのかもしれない。
「風が吹いたから。」
ただ一言、こいつは俺に言い放ってまたすぐに
「風が呼んでたから」
「良いよ、乗んな。」
俺はこの一言で、もう乗せてた。特に理由はない。なんとなくこいつなら乗せて良いと思った。
この記事のURL | ショート*2 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。